2016年8月21日日曜日

UXデザインの要: 初心者セミナー&教育実践者WS 参加募集

とてもユニークなUX/HCDのセミナーを大阪(9月15日(木))と東京(9月17日(土))で開催することになりました。皆様のお越しをおまちしています。

第一部(午前中)は、UXやHCDの初心者のための入門セミナー。技術者、マネージャー、企画などすべての人が対象です。
第二部(午後)は、UXやHCDのセミナーの講師になるためのセミナー。社内にUXやHCDを普及させたい人が対象です。
================================
UXデザインの要『人間中心設計入門』出版記念セミナー:
初心者セミナー&教育実践者WS

概要:ユーザビリティ、UX、デザイン思考…、いろいろな言葉があるけれど、どういうことなのだろう、というところから解説した入門書『人間中心設計入門』の出版を記念して、内容を紹介するセミナーを実施します。講師は執筆者のおひとり山崎和彦氏です。
 第一部は初心者を対象とした入門セミナーです。新入社員はもちろん、これから人間中心設計に取り組みたいマネージャーの方にもおすすめです。
 第二部は第一部のようなセミナーの講師をしたい人のためのワークショップです。社内教育に活かしたい方、講師の経験を積みたいと考えている方などにおすすめです。第一部と合わせてご参加ください。

■講師:山崎 和彦氏(千葉工業大学教授、HCD-Net理事)

■プログラム:
第一部 10:00-12:00
   『人間中心設計入門』初心者のためのセミナー
 ・HCDとは?HCDの事例は?
 ・ユーザビリティ、ユーザエクスペリエンス、デザイン思考とは
 ・HCDのサイクルと導入
 ・HCDの4つのステップにおける手法の概要
 
第二部 13:30-18:00
 『人間中心設計入門』を使ってHCDの入門教育をするためのワークショップ
 ・入門教育のためのデザインとは、
 ・入門教育の計画
 ・入門教育のプロトタイプ
 ・入門教育の実践
 ・入門教育の評価
 
18:30-20:30 懇親会(希望者のみ)
======================
(大阪開催)
■日時:2016年9月15日(木)10:00~18:00 (受付:9:40~10:00)。
 第一部 10:00-12:00、第二部 13:30-18:00
■会場:ヤンマー株式会社本社、大阪市北区茶屋町1-32(梅田駅より徒歩5分)
■詳細および申し込み:http://www.hcdnet.org/hcd/event/entry-933.html
======================
(東京開催)
■日時:2016年9月17日(土)10:00~18:00(受付:9:40~10:00)
 第一部 10:00-12:00、第二部 13:30-18:00
■会場:芝浦工業大学 芝浦キャンパス 307教室(JR田町駅より徒歩5分)
■詳細および申し込み:http://www.hcdnet.org/hcd/event/entry-934.html
======================

2016年8月18日木曜日

學展2016に出展のお知らせ

「學展2016に出展のお知らせ」
 千葉工業大学・知能メディア工学科山崎研究室では、2016年8月27日(土)~28日(日)まで東京国際展示場(東京ビッグサイト)で行われる日本最大規模のデザインイベントである學展2016に出展いたします。

 太田区にある東新製作所と総合住宅機器メーカーのクリナップと一緒に、地域と環境を考慮して、社会課題を解決するために、ユーザー体験、ソーシャルデザイン、デザイン思考などの視点より、チャレンジしているステンレスのミニチュアアニマルの雑貨を展示します。展示場所は、東京ビッグサイト西2ホール、ブース番号A-253です。皆様のお越しをお待ちしております。
Webサイト:http://stainlezoo.wix.com/stainlezoo2016



學展2016
万国學生藝術展覧祭(通称:學展)は、2016年8月27日(土)・28日(日)の2日間に渡り、東京ビッグサイトで行われる「すべての生徒」のためのアートイベントです!表現のジャンル・年齢・国籍を問わず、学生はもちろん、社会人の方でも出展が可能です。今回はアジア最大級のアートイベント「デザインフェスタ」と初の共同開催となり、たくさんのご来場者を見込んでおります。この会場では、プロ・アマチュア問わず、約2000ブースが出展致しております。入場料は前売り700円、当日が1000円となっております。
Webサイト:http://www.gakuten.jp/about

2016年8月16日火曜日

情報デザインフォーラム 「みらいの学び、地域と知能のデザイン」参加募集開始

第20回 情報デザインフォーラム「みらいの学び、地域と知能のデザイン」

■趣旨:
 近年、テクノロジーの発達や社会の変化などにより、デザインの活動領域が、大きく広がっています。未来のデザインのための学びとは、どんな学びでしょうか? 今回の情報デザインフォーラムの一部では「みらいの学び」をテーマとして、佐宗邦威氏(biotope)と安斎勇樹氏(東京大学)に基調講演をしていただき、パネルディスカッションで議論を深めます。二部では、「地域とデザイン、知能とデザイン」というテーマに関して、この分野で実践をしている情報デザインフォーラムのコアメンバーにお話しをしていただきます。そのあとに、パネル発表として多くの大学・専門学校、企業の発表を通して、参加してディスカッションをしていきます。

また、あわせて参加者からの パネル発表も予定しています。奮ってご参加ください。情報デザインフォーラムは、毎回とも早い段階で定員一杯になりますので、お早目に申し込んでいただいた方がよいです。皆様の多様な参加と発表を歓迎致します。


■日時:9月25日(日)13:00-18:00 (受付12:30より)
     終了後は希望者による懇親会(事前申込)
■場所:千葉工業大学津田沼キャンパス2号館3階大教室(JR津田沼駅より徒歩3分)
■主催:情報デザインフォーラム、千葉工業大学知能メディア工学科山崎/安藤研究室
■協力:人間中心設計機構、日本デザイン学会プロダクトデザイン研究部会、Xデザイン学校
■参加費:一般 3000円、学生無料(申し込みが必要です)
■懇親会参加費:4000円
■申し込み受付(8月15日より):http://kokucheese.com/event/index/419192/

■プログラム(仮)
13:00-13:30 基調講演1「デザイン思考と学び(仮)」
  佐宗邦威(biotope)
13:30-14:00基調講演2「ワークショップと学び(仮)」
  安斎勇樹(東京大学)
14:00-14:30 パネルディスカッション「みらいの学び」
・佐宗邦威(biotope)
・安斎勇樹(東京大学)
・稲葉裕美 (WEデザインスクール)
・山崎和彦(千葉工業大学)ファシリテーター
14:40-15:25 地域とデザイン
・原田 泰(公立はこだて未来大学)
・木村 博之(TUBE GRAPHICS )
・小池 星多(東京都市大学)
15:25-16:10 知能とデザイン
・小島 健嗣(富士フイルム)
・脇阪 善則(楽天)
・安藤 昌也(千葉工業大学)
16:10-18:00 パネル発表(下記は検討中、募集中)
・武蔵野美術大学(後藤先生/ 西本先生)
・常葉大学(安武伸朗先生)
・東京都市大学(小池星多先生)
・成安造形大学(大草真弓先生)
・日本電子専門学校(井上順子先生)
・東海大学(富田誠先生)
・東洋大学(北真吾先生)
・千葉工業大学(山崎先生/ 安藤先生/中本先生 / 田邊先生)

18:30-20:30 懇親会(事前申込者)

■パネル発表の募集
パネル発表の形式は、パネルを使用する、モデルを並べる、パソコンの画面で説明する、紙を配って 説明するなど、発表形式は自由です。参加申し込のフォームの「メッセージ」欄に、「パネル発表申し込み」と「発表タイトル」記入してください。パネル発表は、先着順で30人までとします。

■講師プロフィール
■佐宗邦威
biotope 代表取締役社長。東京大学法学部卒。イリノイ工科大学デザイン学科(Master of Design Methods)修士課程修了。P&Gにて、ファブリーズ、レノアなどのヒット商品のマーケティングを手がけた後、ジレットのブランドマネジャーを務めた。ヒューマンバリュー社を経て、ソニークリエイティブセンター全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに携わった後、独立。消費財のブランドデザインや、ハイテクR&Dのコンセプトデザインやサービスデザインプロジェクトを得意としている。

■安斎勇樹
東京大学大学院情報学環特任助教。NPO法人EduceTechnologies理事。東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。博士(学際情報学)。産学連携プロジェクトに取り組みながら、ワークショップの実践と評価の方法について研究している。主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。

■注意事項
以下の注意事項を満たしていない場合は、事務局でお申し込みを取り消させていただく場合がありますので、ご注意ください。
1)会場が学校内の為、正しい氏名(フルネーム)と所属を明記のこと。
2)学生の場合は、所属先研究室を明記のこと。
3)以前に本情報デザインフォーラムに申し込まれて、無断でキャンセルされた方はお断りしています。

■参考情報
当日は、千葉工業大学津田沼キャンパスで千葉工業大学山崎/安藤/中本/田邊研究室による「オープンラボ2016」が10:00より18:00まで開催していますので、あわせてご覧ください。

2016年8月14日日曜日

Heuer のStopwatch



Heuer のStopwatchを手に入れることができました。

40年以上前にRichard Sapperがデザインした名作です。

アメリカ人の友人がオークッションに出展しているのを教えてくれたので、オークションサイトからすぐに購入しました。

このStopwatchは、持ち運び閉じている時は黒くてスクウェアーな形、使用するために蓋をあけると、必要とする機能がその機能にふさわしい色と形になっている。ThinkPadのデザインコンセプトととても共通する点が多いプロダクトデザインだ。


2016年8月12日金曜日

HCD-Netサロン「欧州企業の経営とデザイン」参加募集

第66回HCD-Netサロン「欧州企業の経営とデザイン-経営+デザイン+デジタル化の「深層トレンド」を追う-」開催のお知らせ

英国のEU離脱を機に欧州への関心が高まっています。この現状を脇に見据えながら、今、イタリアを中心とした欧州企業が経営とデザインについて何を考えているのかを議論したいと思います。

米国のスタンフォード大学とデザイン事務所IDEOが世界に広めた「デザイン思考」は欧州企業でも普及しています。「ある程度」です。どうして「ある程度」なのでしょう。それは普及度合いに業種や地域の偏りがあるからです。それでは普及していない地域がデザインに関心がないか?といえば違います。
端的にいえば、「デザイン思考」が得意とする分野と不得意する分野があり、「デザイン思考」が不得意とする分野では別のアプローチが採用される傾向にあるからです。しかも、デジタル化の対応と相関関係もあります。これらの現状と背景を日本企業と対比しながら探ります。

特に、日本の中堅企業が欧州市場でイノベーティブなサービスや商品により、長期的資産を獲得したいと狙う際のヒントを提供できればと考えています。B to CとB to Bともに対象になります。

■日時:9月5日(月)17:00~20:00 (受付開始:16:30~)
■会場:芝浦工業大学 芝浦キャンパス 3階301教室
            東京都港区芝浦3-9-14
■参加費:HCD-Net会員:2000円/ 一般:5000円 
■申し込み:ow.ly/Yc2C3033OcZ

■プログラム
17:05-17:35
「“イタリア風味の”デザイン思考とは?」
アレッサンドロ・ビアモンティ氏(ミラノ工科大学准教授)

17:35-18:05
「EUの中小企業向けデザイン教育の概要と背景」
安西洋之氏(ローカリゼーションマップ主宰/モバイルクルーズ株式会社代表取締役)

18:05-18:35 「経営におけるUXとデザインの思考」
山崎和彦氏(千葉工業大学教授)

18:45-19:15 「デジタル化時代の経営戦略と欧州市場の動き」
岩渕匡敦氏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

19:15-20:00 パネルディスカッション

■登壇者プロフィール
アレッサンドロ・ビアモンティ氏 (ミラノ工科大学デザイン学部准教授)
インダストリアルデザインおよびマルチメディアコミュニケションのPh.D. ミラノ工科大学では教育とリサーチに携わる。 Lab.I.R.Int (インテリアイノベーションリサーチ研究所) に参加。同大学のインテリア・リサーチ・ユニットとデザインPh.D コーディネーションボードのメンバーであり、連続講座や国際イベントのオーガナイズに関わる。ブラジルのミナスジェライス州大学デザイン研究センターのサイエンティフィックコミッティの一員でもある。シエナの大学のコミュニケーション環境デザインの客員教授。ドムスアカデミー、NABA、SPDにおいても教鞭に携わった。
最新著書に「Archiflop - A Guide to the Most Spectacular Failures in the History of Modern and Contemporary Architecture」(近代現代の「もっとも見事な」失敗建築史ガイド)がある。

安西洋之氏(ローカリゼーションマップ主宰/モバイルクルーズ株式会社代表取締役)
モバイルクルーズ株式会社代表取締役 いすゞ自動車で欧州自動車メーカーへのエンジンなどのOEM供給ビジネスを担当後、独立。ミラノと東京を拠点としたビジネスプランナーとして欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画している。国際交渉のシナリオ立案とデザイン企画を得意としている。また、海外市場攻略に役立つ異文化理解アプローチ「ローカリゼーションマップ」を考案し、執筆、講演、ワークショップ等の活動を行っている。 著書に『イタリアで、福島は。』『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』(クロスメディア・パブリッシング)『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』(日本評論社)。共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』(日経B社)。
「ローカリゼーションマップ」WEBサイト http://www.localizationmap.com/

山崎和彦氏(千葉工業大学教授)
千葉工業大学デザイン科学科/知能メディア工学科教授、Smile Experience Design Studio代表、人間中心設計機構副理事長。京都工芸繊維大学卒業後、クリナップ工業(株)、日本IBM(株)UXデザインセンターマネージャー(技術理事)を経て現職。米国IBM社 Academy of Technologyメンバー、京都工芸繊維大学非常勤講師、日本デザイン学会理事, 日本インダストリアルデザイナー協会理事、グッドデザイン賞選定委員、経済産業省デザイン思考活用推進委員会座長など歴任。博士(芸術工学)。著書に『エクスペリエンス・ビジョン』、『情報デザインのワークショッップ』、『IBMの思想とデザイン』などがある。デザインに関わる教育とコンサルティングに従事。
Webサイト http://kazkazdesign.blogspot.jp/

岩渕匡敦氏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)
Deloitte Digitalの戦略コンサルティング担当。主に自動車、電機、消費財、商社などのグローバル企業中心に、マーケティング戦略、ブランドマネジメントなどのプロジェクトを多数実施。日米欧の先進国に加え、中国、韓国、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、インドでの経験を持つ。Deloitte入社前はシリコンバレー系のハイテク企業でのマネジメントポジション、ソフトバンクでの新規事業の経験を有する。
Deloitte Digital WEBサイト http://deloittedigital.jp/



2016年8月2日火曜日

今年のライブ演奏 2016

今年のライブ演奏予定です。
決定しだい、掲載していきます。
よろしくお願いいたします。
これまでのライブ演奏はこちら。


■8月11日(木・祝)坂戸の温泉施設納涼会で演奏
・時間:17:00より
・場所:坂戸ふるさとの湯 屋外会場
    東武東上線『坂戸』駅徒歩15分
・内容:Swing Bacchus(ビックバンド)によるスタンダードJAZZ演奏

■7月30日(土)20周年記念ライブ
・時間:13:30-16:30(13時開場)
・場所:楽器店DACの地下(Space Do) JR新大久保駅より徒歩3分
・内容:Swing Bacchus(ビックバンド)によるスタンダードJAZZ演奏
・ゲストプレイヤー:谷口英治(クラリネット)
・事前予約が必要です。


■6月5日(日)愛生苑で演奏
・演奏時間:15:00-15:30ぐらい
・場所:愛生苑(東京都多摩市和田1547)
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)
・詳細:http://yamatokai-tokyo.or.jp/11_schedule_A/wadafes.pdf

■5月04日(祝)SPATSで演奏(小田原)
・演奏時間:1stステージ19:30頃より、2ndステージ21:00頃より
・場所:ライブラウンジ スパッツ 
    小田原市 栄町2-4-3 B1(JR小田原駅より徒歩1分)
・予約:要予約 0465 - 20 - 2421
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)

5月04日(祝)北條ジャズフェスタで演奏(小田原)
・演奏時間:14:30-15:10ぐらい
・場所:小田原城・城址公園・銅門広場(JR小田原駅より徒歩10分)
・予約:必要なし
・詳細:http://www.0465.net/omise/shoren/index.html?page=4890
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)


■2月26日(金)ヤマケン展で演奏(茅場町)
・演奏時間:18:30-19:00ぐらい
・場所:内田洋行
・予約:必要なし
・演奏:スペシャルバンド


■2月25日(木)パーティで演奏(亀戸)
・演奏時間:18:30-19:30 ぐらい
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)

これまでのライブ演奏はこちらを参照してください。

8月は合宿とワークショップ

8月は夏休みです。
合宿とワークショップがいくつかあります。
ゼミの夏合宿は恒例の御宿の海のそばです。

08月01日(月)修士前期発表会(津田沼)
08月05日(金)UXとマーケティング研究会(津田沼)
08月11日(木)坂戸温泉ライブ(坂戸)
08月14日(日)-16日(火)ヤマケン夏合宿(御宿)
08月17日(水)-19日(金)エコデザイン展ワークショップ(お台場)
08月21日(日)小学生公開講座(スカイツリー)
08月27日(土)Xデザイン学校(六本木)
08月27日-28日(日)GAKUTEN 2016に出展(ビッグサイト)


R-Plantの今月のイラストのテーマは「Little Sunflower」。日本語だと小さなひまわりですかね。Freddie Hubbard のトランペットですかね。

2016年7月31日日曜日

UXやサービスデザインの本

山岡先生と保坂さんに本を謹呈していただきました。ありがとうございます。

最近は、UXやサービスデザインの本が多く出版されるようになり、多くの知見を本から得ることができるようになっていいなと思います。勉強します。

充実した大学院特別講義 2016


今年のも、充実した大学院特別講義でした。
お忙しい中、津田沼まで来ていただいていて、本当に感謝です。


07月13日(水)三木康司氏の特別講義(津田沼)
この日の特別講義では、enmonoの三木さんと宇都宮さんが、マイクロものづくりの話しをしてくれました。これからのモノづくりのアプローチを学びました。

07月20日(水)黒川雅之氏の特別講義(津田沼)
この日は黒川雅之さんに来てもらいました。
「揺れる」をテーマに、究極の感動、調和、多様性、、などについて学びました。懇親会も楽しかったです。

07月27日(水)中野豪雄氏の特別講義(津田沼)
この日は、中野豪雄さんが、「インフォグラフィックスとデザインの思考」というお話しをしてくれました。
ジョージネルソン展のデザインの秘密も解説してくれました。



卒業研究中間審査が無事に終了


晴れ晴れした天気で卒業研究中間審査が無事に終了。

みんなの表情がいいですね。
9月のオープンラボに向けて研究と作品を深めていきます。

4年生の13人の卒業研究のタイトルです。
本当に、いろいろな研究がありますね。

稲垣葵衣、杉を活用した音楽を楽しむためのプロダクトデザインの提案
植竹祐太、初心者がギターを弾いて楽しむためのデザイン提案
大橋茉保、水の動きを活用したインタラクションデザインの提案
小笠原直人、日常とは異なる体験をするメディアアートの提案
川島大輝、人の恐怖心をプラスに変えるデザイン体験の提案
神門梢、廃材を利用したアップサイクルブランドのデザイン提案
北澤遥香、昔話を楽しんでもらうためのモーショングラフィックスの提案
染谷翼、カフェのブランド体験のデザイン提案
田部井若菜、変なデザイン提案
飛塚慎太郎、電車での移動を楽しくするためのデザインの提案
鳥居健、杉の木を使った動物モチーフの玩具の提案
星武瑠、光を楽しむためのカフェの提案
森山恵菜、海の生き物に対して興味をもつためのデザイン提案
高野菜々美、誰でも簡単にお祝いするためのデザイン提案
山下杏子、大学生が食育を楽しみ学ぶためのデザインの提案