2016年9月22日木曜日

ヤンマー本社でワークショップ

大阪のヤンマー本社で、UX/HCDの入門教育の講師のためのワークショップを担当。

10時から懇親会が終了する20時ぐらいまでみっちり。モチベーションの高い参加者で、カフェテリアも素敵な場所で、偶然にも元上司でヤンマーの役員になられた廣瀬さんともお会いすることができて、ラッキーな1日になりました。

2016年9月21日水曜日

情報デザインフォーラムで21件のパネル発表

9月25日(日)情報デザインフォーラムで、21件のパネル発表者とタイトルが決定しましたので、ご連絡します。当日の12:30-18:00に展示しています。また、16:10-18:00のパネル発表の時間に発表します。どれもおもしろそうです。
情報デザインフォーラムについては、こちらを参照。

16:10-18:00 パネル発表
・サービスデザインプロセスのROIに関する調査について、岩田裕平( NTT Resonant Inc.)
・WAKE GEAR、五代真規(WAKE GEAR)
・地域×UXデザイン、平田 巧(テンピュールシーリージャパン)
・子供のモチベーション能力を育てるあそびのWS運営設計と検証について、川村将太(X Design Academy)
・デザイン学校における学習者の観察、山岸ひとみ(株式会社Gaji-Labo)
・GUIからCUIへ: 会話型人工知能を用いたサービスにおけるUI/UXのベストプラクティス、神田美智(株式会社Progate)
・自分のモノサシを作る合宿体験のデザイン、小野寺夏海(常葉大学)
・富士市の観光価値のユーザー調査、萩原園華(常葉大学)
・金融機関と大学生の接点の可視化、福士夏季(常葉大学)
・グラフィックレコーディングのプロトタイピング、広沢晴菜(常葉大学)
・電子媒体を用いたスケジュール管理、 後藤沙季,清水麻由(東京女子大学)
・LINEスタンプの適切な代替テキスト、 西垂水梨帆,山本彩乃(東京女子大学)
・手書き文字入力の有効性、腰塚麻里子,藪まなみ(東京女子大学)
・音声を用いた歩行者ナビゲーション、後藤仁奈(東京女子大学)
・公共施設のゴミ箱のデザイン、近藤葵美子(東京女子大学)
・「フレッツ光」のewebサイトにおける情報の伝達について、西本企良・後藤 吉郎(武蔵野美術大学)
・遠回りをさせるデザイン、西本企良・後藤 吉郎(武蔵野美術大学)
・ビデオカメラのユーザビリティ、西本企良・後藤 吉郎(武蔵野美術大学)
・ムサビ図書館検索システム、西本企良・後藤 吉郎(武蔵野美術大学)
・ユーザーの概念モデルと機械のすれ違い、西本企良・後藤 吉郎(武蔵野美術大学)
・趣味をテーマにしたUIUXデザイン、内海ひなの、丁 未 テイ(日本電子専門学校)

2016年9月17日土曜日

絵画のような空


 絵画のような空です。

デザイン思考のミライ、参加募集

これまで5回にわたり「デザイン思考」をテーマに、その考え方、実態、思い、可能性など、多くの講師を招き、多面的に討議してきました。今回、デザイン思考シリーズ最終回として、このデザイン思考を総括し、そのミライ(未来)について考えてみたいと思います。

基調講演は、IBMの工藤晶氏を迎え「デザイン思考の現在と未来」として、また第2部では、デザイン思考の観点から「デザイナーとはいかなる存在なのか」、JIDAとしてディスカッションしたいと思います。領域を超えた幅広い皆様の参加をお待ちしております。
詳細は下記URLよりご参照ください。
http://www.jida.or.jp/pdf/vision6forum-20160913.pdf

◆JIDAフォーラム「デザイン思考のミライ」
◆日時 10月6日(木)18:30〜20:30(受付 18:00)(終了後、簡単な交流会)
◆会場 東京ミッドタウン・インターナショナルリエゾンセンター
港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F

◆プログラム
◇基調講演「IBMのデザイン思考の実践と未来(仮)」
 工藤 晶(日本IBM株式会社 インタラクティブ・エクスペリエンス事業部長)
◇トークセッション「デザイン思考とデザイナーの思考」  
 工藤 晶
 田中 一雄(JIDA理事長 ビジョン委員会)  
 御園 秀一(JIDA理事 ビジョン委員会)  
 山田 晃三(JIDA理事 ビジョン委員長) 
 モデレータ: 山崎 和彦(千葉工業大学教授、JIDAビジョン委員会)

◆詳細・申込
 http://www.jida.or.jp/site/information/mirai.html

◆井原恵子さんが書いてくれた、これまでのアーカイブ、ぜひご覧になってください。
第五回JIDAフォーラム「デザイン思考」のリューギ
第四回JIDAフォーラム「デザイン思考」のシクミ
第三回JIDAフォーラム 「デザイン思考」のオモイ
第二回JIDAフォーラム 「デザイン思考」のカタチ
第一回JIDAフォーラム「デザイン思考」のデザイン


2016年9月15日木曜日

今年のライブ演奏 2016

今年のライブ演奏予定です。
決定しだい、掲載していきます。
よろしくお願いいたします。
これまでのライブ演奏はこちら。

■9月18日(日)バーテンダー協会のパーティ
・時間:16:30-20:00
・場所:箱根湯本富士屋ホテル(箱根湯本駅徒歩3分)
・要予約:0465 - 20 - 2421(スパッツ)
・内容:Swing Bacchus(ビックバンド)によるスタンダードJAZZ演奏

■8月11日(木・祝)坂戸の温泉施設納涼会で演奏
・時間:17:00より
・場所:坂戸ふるさとの湯 屋外会場
    東武東上線『坂戸』駅徒歩15分
・内容:Swing Bacchus(ビックバンド)によるスタンダードJAZZ演奏

■7月30日(土)20周年記念ライブ
・時間:13:30-16:30(13時開場)
・場所:楽器店DACの地下(Space Do) JR新大久保駅より徒歩3分
・内容:Swing Bacchus(ビックバンド)によるスタンダードJAZZ演奏
・ゲストプレイヤー:谷口英治(クラリネット)
・事前予約が必要です。


■6月5日(日)愛生苑で演奏
・演奏時間:15:00-15:30ぐらい
・場所:愛生苑(東京都多摩市和田1547)
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)
・詳細:http://yamatokai-tokyo.or.jp/11_schedule_A/wadafes.pdf

■5月04日(祝)SPATSで演奏(小田原)
・演奏時間:1stステージ19:30頃より、2ndステージ21:00頃より
・場所:ライブラウンジ スパッツ 
    小田原市 栄町2-4-3 B1(JR小田原駅より徒歩1分)
・予約:要予約 0465 - 20 - 2421
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)

5月04日(祝)北條ジャズフェスタで演奏(小田原)
・演奏時間:14:30-15:10ぐらい
・場所:小田原城・城址公園・銅門広場(JR小田原駅より徒歩10分)
・予約:必要なし
・詳細:http://www.0465.net/omise/shoren/index.html?page=4890
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)


■2月26日(金)ヤマケン展で演奏(茅場町)
・演奏時間:18:30-19:00ぐらい
・場所:内田洋行
・予約:必要なし
・演奏:スペシャルバンド


■2月25日(木)パーティで演奏(亀戸)
・演奏時間:18:30-19:30 ぐらい
・演奏:Swing Bacchus(ビックバンド)

これまでのライブ演奏はこちらを参照してください。

2016年9月14日水曜日

オープンラボ2016 参加募集

今年も、本学津田沼キャンパスにて、オープンラボを開催します。
今年は、山崎/安藤/中本/田邊の4つの研究室が合同で開催します。
学生たちが、多様な発表、展示とワークショップを準備しています。
皆様のお越しをお待ちしております。


タイトル:オープンラボ2016
日時:9月25日(日)10:00-18:00
場所: 千葉工業大学津田沼キャンパス(JR津田沼駅より徒歩3分)
   1号館12階と2号館3階
主催:千葉工業大学デザイン科学科山崎/安藤/中本/田邊研究室
定員:なし(参加申込不要)、参加費:無料
Web: http://citopenlab.wixsite.com/openlab

========================
■展示プログラム10:00-18:00 1号館12階/ 2号館3階
・2年生情報デザイン基礎作品(2号館3階)
・3年生デザイン演習作品(1号館12階)
・卒業研究(1号館12階)
・修士研究(2号館3階)
・産学プロジェクト作品(2号館3階)

========================
■発表プログラム10:00-12:30 (開場は10:00) 2号館3階
□10:00-10:45 大学院研究発表(各15分)
・高橋孝仁:ゲーミフィケーションを活用したデザインの研究
・丸山剛:IoTを考慮したプロタイピング手法の研究
・福地悠人:利用状況で変化するインターフ ースのデザインアプローチの研究

□10:45-11:40 研究生発表(各13分)
・柴田栄喜:渉外業務のためのタブレット端末システムのユーザインタフェースに関する考察
・矢崎智基:モバイル分野における改善型と提案型の人間中心設計のアプローチの研究
・平子元:航空管制業務におけるタスクをわかりやすく視覚化する方法の研究
・浅野花歩:文化特性を考慮した観察分析手法の検証

□11:40-12:30 産学プロジェクト発表(各10分)
・Tsunagiプロジェクト(東新製作所、クリナップ)
・航空管制プロジェクト(電子航法研究所)
・CITブランド体験プロジェクト(千葉工業大学)
・KDDIプロジェクト(KDDI研究所)
・UCHIDAプロジェクト(内田洋行、鹿沼木工)
========================

2016年8月31日水曜日

「IBMの思考とデザイン 」の書籍紹介(1)


IBMの思考とデザイン」という書籍が9月1日から発売です。
この本についてすこしづつ紹介していきます

■表紙
表紙の帯に、孫泰蔵(シリアル・アントレプレナー)さんに、「良いデザインは志との格闘の末に見えてくる。」という言葉を書いてもらいました。

この本の執筆者は3人で、過去の部分は僕が執筆して、現在と未来は工藤さんと柴田さんが執筆を担当しています。

表紙や中のページのグラフィックデザインは竹内さんが担当しています。この表紙のグラフィック「思想」をモチーフにしています。

■表紙の裏の写真
左側の表紙の裏には、これまでのIBMを代表する3つの作品の写真が掲載されています。これまでのIBMではプロダクト、グラフィックと空間に優れたデザインを作ってきました。プロダクトはエリオット・ノイズのセレクトリック・タイプライター、グラフィックはポール・ランドの「Eye-Bee-M」ポスター、空間はイームズ夫妻のマスマティカの展覧会の写真です。

右側の裏表紙の裏には、現在のIBMのデザインを代表する3つの写真が掲載されています。現在のIBMでは、企業変革のために、People, Place、Practiceという3つの要素があります。上からPlaceの例としてのIBM studio Tokyo, Practiceの例としてダイアグラム、Peopleの例としてIBMデザインキャンプの写真が掲載されています。


■目次はこんな感じです。
序章 思考、デザイン、ビジネスとは
1.思考、デザイン、ビジネスの関わり
2.思考、デザイン、ビジネスとIBM

1章 ワトソン・ジュニアの思考
1. THINKという思考
2. Good Design is Good Business
3. ポール・ランドの思考

2章 人間中心のデザインの思考
1.企業の再生とデザイン
2.人間中心のデザインの導入
3.リチャード・サッパーの思考

3章 ユーザーエクスペリエンスの思考
1.ユーザーエクスペリエンスを考慮したデザイン
2.ユーザーエクスペリエンスのアプローチ
3.イームズの思考
4.デジタルサイネージの事例

4章 デザインによる企業改革
1.新たな旅の始まり
2.企業改革に必要な3つの要素
3.IBMデザイン思考
4.デザイン文化を定着させる仕組み
5.顧客への適用

5章 現場で生かすデザイン思考
1. 経営層の関心
2. デザイン思考の適用
3. 事例からのまとめ
4. 顧客起点のアプローチとしてのデザイン思考

終章 未来に向けて
1.変わらないものと変わり続けるもの
2.ノンデザイナーのためのデザイン思考


■裏表紙
裏表紙の帯には、「Good design is good business」の思想、実践、未来を語る決定版 と書かれています。
そして、「岐路に立つ経営者、スタートアップや新規事業に関わるビジネスパーソン、チームにデザインの思考を取り入れたいマネージャー、時代の半歩先を捉える未来のデザイナーのための必読書。」と書かれています。

2016年8月21日日曜日

UXデザインの要: 初心者セミナー&教育実践者WS 参加募集

とてもユニークなUX/HCDのセミナーを大阪(9月15日(木))と東京(9月17日(土))で開催することになりました。皆様のお越しをおまちしています。

第一部(午前中)は、UXやHCDの初心者のための入門セミナー。技術者、マネージャー、企画などすべての人が対象です。
第二部(午後)は、UXやHCDのセミナーの講師になるためのセミナー。社内にUXやHCDを普及させたい人が対象です。
================================
UXデザインの要『人間中心設計入門』出版記念セミナー:
初心者セミナー&教育実践者WS

概要:ユーザビリティ、UX、デザイン思考…、いろいろな言葉があるけれど、どういうことなのだろう、というところから解説した入門書『人間中心設計入門』の出版を記念して、内容を紹介するセミナーを実施します。講師は執筆者のおひとり山崎和彦氏です。
 第一部は初心者を対象とした入門セミナーです。新入社員はもちろん、これから人間中心設計に取り組みたいマネージャーの方にもおすすめです。
 第二部は第一部のようなセミナーの講師をしたい人のためのワークショップです。社内教育に活かしたい方、講師の経験を積みたいと考えている方などにおすすめです。第一部と合わせてご参加ください。

■講師:山崎 和彦氏(千葉工業大学教授、HCD-Net理事)

■プログラム:
第一部 10:00-12:00
   『人間中心設計入門』初心者のためのセミナー
 ・HCDとは?HCDの事例は?
 ・ユーザビリティ、ユーザエクスペリエンス、デザイン思考とは
 ・HCDのサイクルと導入
 ・HCDの4つのステップにおける手法の概要
 
第二部 13:30-18:00
 『人間中心設計入門』を使ってHCDの入門教育をするためのワークショップ
 ・入門教育のためのデザインとは、
 ・入門教育の計画
 ・入門教育のプロトタイプ
 ・入門教育の実践
 ・入門教育の評価
 
18:30-20:30 懇親会(希望者のみ)
======================
(大阪開催)
■日時:2016年9月15日(木)10:00~18:00 (受付:9:40~10:00)。
 第一部 10:00-12:00、第二部 13:30-18:00
■会場:ヤンマー株式会社本社、大阪市北区茶屋町1-32(梅田駅より徒歩5分)
■詳細および申し込み:http://www.hcdnet.org/hcd/event/entry-933.html
======================
(東京開催)
■日時:2016年9月17日(土)10:00~18:00(受付:9:40~10:00)
 第一部 10:00-12:00、第二部 13:30-18:00
■会場:芝浦工業大学 芝浦キャンパス 307教室(JR田町駅より徒歩5分)
■詳細および申し込み:http://www.hcdnet.org/hcd/event/entry-934.html
======================

2016年8月18日木曜日

學展2016に出展のお知らせ

「學展2016に出展のお知らせ」
 千葉工業大学・知能メディア工学科山崎研究室では、2016年8月27日(土)~28日(日)まで東京国際展示場(東京ビッグサイト)で行われる日本最大規模のデザインイベントである學展2016に出展いたします。

 太田区にある東新製作所と総合住宅機器メーカーのクリナップと一緒に、地域と環境を考慮して、社会課題を解決するために、ユーザー体験、ソーシャルデザイン、デザイン思考などの視点より、チャレンジしているステンレスのミニチュアアニマルの雑貨を展示します。展示場所は、東京ビッグサイト西2ホール、ブース番号A-253です。皆様のお越しをお待ちしております。
Webサイト:http://stainlezoo.wix.com/stainlezoo2016



學展2016
万国學生藝術展覧祭(通称:學展)は、2016年8月27日(土)・28日(日)の2日間に渡り、東京ビッグサイトで行われる「すべての生徒」のためのアートイベントです!表現のジャンル・年齢・国籍を問わず、学生はもちろん、社会人の方でも出展が可能です。今回はアジア最大級のアートイベント「デザインフェスタ」と初の共同開催となり、たくさんのご来場者を見込んでおります。この会場では、プロ・アマチュア問わず、約2000ブースが出展致しております。入場料は前売り700円、当日が1000円となっております。
Webサイト:http://www.gakuten.jp/about