サイレントデザインと次世代自動販売機のデザイン

ビックサイトで開催された今年のグッドデザインエクスポで、とても期待していたのは柴田文江さんがプロダクトと展示ブースをデザインした、シスメックスとJR東海の自動販売機でした。

こちらは、医療機器のシスメックス社の展示。白く曲面を活用したデザインスペースが、シスメックス社のプロダクトデザインにつうずる。
医薬品のパッケージデザインは廣村正彰さん。安全でわかりやすいデザインが、すがすがしい。


臨床検査システムの使いやすさを第一に考慮しながら、商品のビジュアールイメージは、白い曲面と黒い操作部のコントラストで、美しい。
Silent Designというコンセプトで、商品全体をまとめあげている。

このSysmex Design Manualがすばらしい。みらいへつなげるための考え方が詰まっている。このマニュアルのデザインは廣村正彰さんだそうです。

シスメックス社のシステムは、下記のデザイナーの協力により総合的な完成度があるデザインにしあがっています。
プロダクト:柴田 文江氏(Design Studio S代表)
パッケージ:廣村 正彰氏(廣村デザイン事務所 代表)
GUI:株式会社ソフトディバイス

こちらは、おなじみのJR東海の次世代自動販売機。こんなデザインが広まれば、街ももっと美しくなる、社会を変えるデザイン。インタフェースなどにも工夫があり、興味深い。


コメント

人気の投稿